『本宮映画劇場』へカーボン式映写機の特別上映を観に行く

独居老人スタイル』という本を読んで、いつかは行ってみたいと思っていた、『本宮映画劇場』で終戦記念日の特別上映会が行われるのを知って行って見ました。


東北本線の本宮駅に到着すると、昨日コミックマーケット会場にいたという女学生姿のおじさんがいて驚きました。


駅にある『総山名勝天然記念物 岩角山』の看板。歴史を感じますね。


昔ながらの名所案内が駅に残っていました。悲しいのはバスで20分と書いてありますが、バスは廃線となっているようです。


駅前の石碑によると本宮市は福島県の「へそ」のまちらしいです。


駅前には伊藤久男氏の銅像があり、ボタンを押すと歌が流れます。


駅前からは『銘酒大天狗』と書かれた大きな煙突が見えたので、そちらへ行ってみると


大天狗酒造(株)がありました。


レトロな看板がたまりません。


日立の電気屋さん「すずきでんき」の自動車がSUZUKI


わずか23分でフィルム現像と焼き付けをやっていた時代があったとは今となっては考えられません


世界一はお休みのようです


うなぎ屋さんには高校野球の結果を速報するポスターが貼ってあり、負けた方には容赦なく線が引かれていました。


ちょうどお祭りが行われていましたが、女の子と雪だるまのキャラクターを使ったかき氷屋さん


街中にはNHKの放送を告知するポスターが貼ってありました


本宮映画劇場に到着


上映会を告知するポスターが手書きで良いですね


上映会の内容


炭素棒に高電圧をかけて発光させるカーボン式映写機がカッコイイ


映画館の館内。商店の広告が書いてあるカーテンがたまりません


秋田県大館市の35mmフィルム上映の映画館「御成座」のポスター。その上の金物店の広告がまた良いです


上映前には山田さんの歌とギター演奏


上映終了後には館主の田村さんのあいさつ


なぜか女学生姿のおじさんもあいさつ


コンセントが物凄い年代物で漏電で火事になれなければ良いなと心配になってしまいました

上映会終了後の40分後には、昔の成人映画の上映約10分(オートバイに全裸の女性が乗っているというシュールな内容)もありサービス満点でした。
カーボン式映写機は最近のデジタル映写機のギラギラと目を刺すような光とは違い、やさしい光でした。
やはりフィルム上映は良いです。やはり映画というのはフィルムで観てこそのメディアだなぁと思いました。