« ブレードランナー ファイナル・カット BLADE RUNNER(リドリー・スコット) | トップページ | 最後になるかもしれない貴重な日本の『IMAX 70mmフィルム』上映を見に行こう(11月版) »

パソコン壊れた

パソコン(MacBook Pro)が壊れました。
突然壊れたわけではなくて、お茶をこぼしてしまったのですが、SSDだし使えるから問題ないだろうと思っていたら突然壊れました。

Appleに修理に出したら、水濡れによる損傷と言う事でティア4という修理ランクになり85,000円+消費税=91,800円という約10万円弱の修理費が、しかしSSD512GBモデルの新品を購入すると20万円以上するため、思わずAppleの人に『絶妙な修理価格設定ですね』と言ってしまいました。

いい機会なので修理機が帰って来たら予備機にすることにして、新しいMacBookProを購入することに。
13インチMacBook Proのタッチバー無しモデルをカスタマイズでSSD512GBに変更。186,800円+消費税=200,880円、お高い・・・数年前までならこのグレードのモデルは15万円ぐらいだったのに。
更に端子がUSB-Cのため『Apple USB-C - USB アダプタ』を購入。これがないとDVDドライブがバスパワーで動かないので、ある意味必需品です。
あとはUSB-Cハブなのですが、いろいろ出ていますがどれも一長一短ということで、それなりに信頼できるメーカーと言う事でLenovo USB C ハブ Type-C Hub HDMI出力 高速USB 3.0 USB2.0 SD & MicroSD カードリーダーを購入。まあ普通に使えますが、発熱もするのでUSB-Cハブは消耗品で定期的に買い換えて行くしか無さそうです。

新しいMacBook Proはやはり良いですね。新しいMacBook Proになれると修理から戻ってきた予備機が古っぽいデザインに感じるのが不思議です。

|

« ブレードランナー ファイナル・カット BLADE RUNNER(リドリー・スコット) | トップページ | 最後になるかもしれない貴重な日本の『IMAX 70mmフィルム』上映を見に行こう(11月版) »