« ディーガスピーカー DY-SP1を試す | トップページ | Android7.1.2からAndroid8.0へバージョンアップ »

『きみの声をとどけたい』(伊藤尚往)

[2016年東北新社・ランティス・角川・GYAO(制作=東北新社・マッドハウス)/配給=東北新社/1時間34分]
1回目=シネスコスクリーンにビスタサイズピラーボックス上映/DCP 2K DLP/5.1ch/★★★★★(5/5)
2回目=シネスコスクリーンにビスタサイズピラーボックス上映/DCP 2K DLP/5.1ch/★★★★★(5/5)
◆予備知識を仕入れずに見に行きました。素晴らしいド直球の青春アニメで、薄汚れた大人でも、素直に素晴らしいと言える一本です。新人声優のフレッシュな声がまた良いのです。「だぁ!だぁ!だぁ!」の頃の名塚佳織さんとか、「ゼーガペイン」の頃の花澤香奈さんとかを思い出す、演技が定まってない頃のド直球な新人声優の声というのがぴったりというアニメでした。

公開規模が小さい(でも東宝系)というか、東宝系のシネコンで上映回数がかなり少ない状態なのが残念です。
大々的に公開されている「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」並の公開規模で上映してほしかった。

オフィシャルサイト:http://kimikoe.com/movie/

|

« ディーガスピーカー DY-SP1を試す | トップページ | Android7.1.2からAndroid8.0へバージョンアップ »