« イギリスBBC製作の必見の短編映画『A Guide to Armageddon(最終戦争案内)』 | トップページ | 『きみの声をとどけたい』(伊藤尚往) »

ディーガスピーカー DY-SP1を試す

パナソニックのDIGAスピーカー DY-SP1を買って試してみました。

実売価格2万円強の液晶テレビの下に設置する、コンパクトなARC対応HDMI端子用の2.1chスピーカーで、サラウンド機能はありません。サラウンドに対応したスピーカーが欲しい方は、同じ価格帯の商品では最新のバーチャルサラウンド『DTS Virtual:X』に対応したヤマハのフロントサラウンドシステム YAS-107がおすすめです。

フルレンジスピーカー+50kHzハイレゾ対応ツイーター。正直、このサイズではハイレゾ再生の意味は無いに等しく、音質にこだわるのであれば大型のスピーカーを買った方が良いです。

底面には重低音再生用のパッシブラジエーターがあります。


さて、聞いた感想ですがソニーの液晶テレビKDL-32W700Bの2chフルレンジ(バスレフ型スピーカー)よりは良い音がしますが、実売2万円に見合った音かというと???です。実売7000円程度のアクティブスピーカーの音と言ったところです。
ARC対応HDMI端子で接続しテレビ側で設定すれば、テレビ連動でテレビのリモコンが使えて便利です。

多少の手間をいとわない人であれば、ヘッドホン端子の接続で延長ケーブルやACアダプタを買う必要がありますが、実売7000円程度のJBL Pebbles バスパワードスピーカーを横向きで使えば、ほぼ同等以上のサウンドが楽しめます。

ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-107(B)ブラック
ヤマハ (2017-07-19)
売り上げランキング: 29,270


|

« イギリスBBC製作の必見の短編映画『A Guide to Armageddon(最終戦争案内)』 | トップページ | 『きみの声をとどけたい』(伊藤尚往) »