« マイナス4℃のアイスコールド コカ・コーラを試す | トップページ | 普及してほしいIMAXデジタルシアターのIMAXマスターではないビスタサイズのデジタル上映 »

Android6.0.1からAndroid7.0へバージョンアップ

Android 7.0 Nougatのバージョンアップが米国時間8月22日に始まったのですが、なかなかソフトウェアアップデートが降ってこないので、待ちくたびれていたらようやく降ってきました。iPhoneなら配信初日はサーバー混雑しますが、希望者が全員アップデート出来るのに、Googleのアップデートサーバーが貧弱なのでしょうか。


ようやく来たアップデート。ダウンロードをタップしてしばらく待ちます。


ダウンロード完了。配信サイズは1171.5MBと巨大でした。
再起動してインストールをタップしてのアップデートは所要時間13分ほど(インストールしているアプリの数によりアップデート所要時間が変わります)

再起動して、新機能である画面分割を試してみました。

上のYouTubeで動画再生、下のChoromeでWebブラウジング。狭いスマートフォンの画面ではあまり使い物にならない感じです。タブレット端末向けの機能ですね。


画面分割はアプリケーション同士が対応していないと使えないようです。対応していないアプリケーションはサポートされていませんとの表示が出ました。


通知画面も変わって、よりフラットな感じになりました。


モバイルデータ通信の使用量グラフも変わりました。


データーセーバー機能。使っていないバックグラウンドアプリのモバイルデータ通信を抑止できるようです。


Android6.0.1時代のポケモンGOは、いわゆる中華フォント問題が発生していました。


Android7.0にアップデートしたら、中華フォント問題は解決したようです。

|

« マイナス4℃のアイスコールド コカ・コーラを試す | トップページ | 普及してほしいIMAXデジタルシアターのIMAXマスターではないビスタサイズのデジタル上映 »