« おとなのかがく(監督:忠地裕子) | トップページ | Parallels Desktop10でWindows10 Technical Previewインストール »

JBL PEBBLESを試してみた

評判の良いJBL PEBBLESを購入して試用してみました。

パソコンにつないで再生してみた感想は、5000円以下のスピーカーでここまで良い音が出るとは、ノートパソコンにつないで使うUSBスピーカーではコストパフォーマンス最高ではないでしょうか。
JBL PEBBLESが出るまではOlasonicのTW-S7・TW-S5が良かったのですが、JBL PEBBLESが出てから話題に上らなくなってきたのも頷けます。
両方のスピーカーを視聴した感想は確かにJBL PEBBLESの方が良いのですが、個人的な好みとしてJBL PEBBLESは面白みに欠ける音だなぁという感じです。OlasonicのTW-S7・TW-S5の方が個人的には落ち着く音ですね。

JBL PEBBLESを使うコツとしては、横置き可ですが縦置きで使った方が音質が良いです。あとデスクトップスピーカーでパソコンの両脇において、その中央に座った1人が良い音で聞く事が出来る設計になっていますので、テレビ向けスピーカーとしてはおすすめしません。

更に音質をよくするためにはJBL PEBBLESよりも高いAudirvana plusを使うと、更に音質が良くなります。


Audirvana plusの設定画面で確認するとJBL PEBBLESは48kHz16bitのみ対応のDACだそうです。

44.1kHzのiTunesで購入した曲を再生すると44.1kHzから48kHzへ変換されて再生されます。


ハイレゾには対応していませんが、普通の人が使うのであれば、この音で満足しておくのが安全です。

これ以上の音質を求めるとなると費用の割には、あまり音質良くなってないんじゃ・・・みないな世界に突入して行きますので、おすすめはしません(笑)。

|

« おとなのかがく(監督:忠地裕子) | トップページ | Parallels Desktop10でWindows10 Technical Previewインストール »