« 感想『銀河鉄道999 赤い星ベテルギウス いのちの輝き』 | トップページ | 感想『宇宙一直線』 »

感想『富士の星暦 日本最高峰を知る』(ネイチャーリウム)

(監督:KAGAYA)
[2013年KAGAYA studio/26分]

1・2回目=2014年7月19日/北網圏北見文化センター プラネタリウム/15m水平式ドーム(リブラHAKONIWAシステム)/★★★★/パンフレット販売あり
◆素晴らしい。10万枚以上の写真を動画にしたタイムラプス映像+実写+CGによる富士山の高精細映像。ドームスクリーンでなければ体験できない素晴らしい作品となっていました。デジタルプラネタリウムの上映システムだと明るさが足りないシーンがありましたので、これはIMAXフィルムに焼いてオムニマックスで見ることが出来たら更に素晴らしいのに・・・というわけで満足度★1つ減です。
KAGAYAさんは、またデジタルプラネタリウムの世界に新境地を作り上げたところが凄いと思います。
パンフレット(フォトシナリオブック)が安かったので思わず買ってしまいました(値段メモするの忘れました)。

オフィシャルサイト:http://www.kagayastudio.com/fuji/

上映館情報:http://www.kagayastudio.com/fuji/theater_info.html

|

« 感想『銀河鉄道999 赤い星ベテルギウス いのちの輝き』 | トップページ | 感想『宇宙一直線』 »