« ねんがんの iPhone4Sをてにいれたぞ! | トップページ | iPhone・iPad版「428 〜封鎖された渋谷で〜」発売 チュンソフト本格参入 »

iPhone・iPadで『スティーブ・ジョブズ』公式伝記 配信開始

10月24日の書籍版から遅れること8日、ようやくiPhone/iPadアプリ電子書籍版『スティーブ・ジョブズ』の配信が始まりました。

アプリは無料となっていますが、読むことが出来るのは前書きにあたる『はじめに 本書が生まれた経緯』と目次だけです。
本文はⅠ巻1900円+Ⅱ巻1900円=3800円となります。

伝記「スティーブ・ジョブズ」の日本国内の価格設定が話題に(やじうまWatch)で取り上げられたとおり米国電子版の4倍というボッタクリ価格のままです。
感覚的には翻訳料入れても米国電子書籍版の2倍ぐらいが妥当な価格かなと思います。
ただ、iTunesカードで購入することが出来ますので定期的にコンビニで行われているiTunes Cardポイントキャンペーンを利用すれば実質、1割引〜2割引で購入することが出来ます。最大割引率の2割引で計算すると3040円となります。

早速ダウンロードして立ち上げてみると
Jobs1
モリサワのMCBookビューアーを使用しているようです。先に出た講談社のiPhone/iPadアプリ電子書籍「京極夏彦 ルー=ガルー 忌避すべき狼」ではボイジャーのT-Time touch(.book形式)を使用していたのでモリサワのMCBookビューアーで来るとは思いませんでした。

Jobs3
iPad版の50%縮小画面、初期状態では新書ノベルスのような2段組の表示となっています。私は2段組が嫌いなので、なるべく新書ノベルスを読まないようにしているので2段組の表示しか出来ないのであれば購入をやめようかと思ってしまいました。

Jobs2
右下の設定にある「自動段組表示」を「なし」に設定すると段組表示がでは無くなり、安心して読むことが出来るようになりました。こちらを初期状態にすべきだと思います>モリサワの中の人
これで安心して購入することが出来ます。

|

« ねんがんの iPhone4Sをてにいれたぞ! | トップページ | iPhone・iPad版「428 〜封鎖された渋谷で〜」発売 チュンソフト本格参入 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/973/53139423

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone・iPadで『スティーブ・ジョブズ』公式伝記 配信開始:

« ねんがんの iPhone4Sをてにいれたぞ! | トップページ | iPhone・iPad版「428 〜封鎖された渋谷で〜」発売 チュンソフト本格参入 »