« ココスの朝食バイキングへ行く | トップページ | 感想『遊佐未森の天文台コンサート 〜銀河歌集〜』 »

感想 仙台市天文台プラネタリウム 今夜の星空案内と天文の話題 世界の星空「パラグアイの巻」

2010年10月10日/仙台市天文台プラネタリウム/25m水平式ドーム(五藤光学 CHIRON+VIRTUARIUM II)/600円/★★
◆仙台市天文台プラネタリウムは生解説の番組「今夜の星空案内と天文の話題」がメインで休日は1日3回投影されています。しかも、その3回は同じ内容ではなく話題を変えているようです。
Sendaiastro
今回見たのは16:00からの回で担当は高橋博子さんでした。
内容はまず太陽を映して季節毎に太陽の位置(角度)が変わる話、それから日没後の星空を映して一番明るい星(木星)と見つけやすい夏の大三角の話、ひしゃく星の話などで約30分。パラグアイの星空やパラグアイの星座などの話が15分の計45分です。
感想は正直、パラグアイの星座とかあまり興味がないのでいまいちでした。あと座席に付いているレスポンスアナライザ(座席ボタン集計システム)を無理矢理使わなくても良いのでは。

|

« ココスの朝食バイキングへ行く | トップページ | 感想『遊佐未森の天文台コンサート 〜銀河歌集〜』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/973/49704656

この記事へのトラックバック一覧です: 感想 仙台市天文台プラネタリウム 今夜の星空案内と天文の話題 世界の星空「パラグアイの巻」:

« ココスの朝食バイキングへ行く | トップページ | 感想『遊佐未森の天文台コンサート 〜銀河歌集〜』 »