« 新型MacBook発売 | トップページ | 感想『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』(演劇) »

感想『銀河鉄道の夜』(さいたま市宇宙劇場)

『銀河鉄道の夜 -The Celestial Railroad-』
宮沢賢治 銀河鉄道の夜

(監督・脚本・CG: KAGAYA)
[2007年KAGAYA studio/約38分]
2008年11月29日/さいたま市宇宙劇場/23m傾斜式ドーム(Omnimax 70mm15Pフィルム)/★★★
◆通算5回目の「銀河鉄道の夜」を見に行きました。70mmフィルム版ということで世界上映を目指してか、サブタイトルが「Fantasy Railroad in the Stars」から「The Celestial Railroad」に変更となり、クレジットに英語表記が追記されていました。
さすがに、さいたま市宇宙劇場の23mドームは凄い迫力です。Omnimax(IMAX Dome)の上映システム上左右は180°天地方向は160°の上映範囲になるのですが、大きすぎて、どこに視点を合わせて良いか迷ってしまいます。内容はデジタルプラネタリウム版と変更はありませんでした。

オフィシャルサイト:http://www.gingatetudounoyoru.com/

|

« 新型MacBook発売 | トップページ | 感想『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』(演劇) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/973/43265589

この記事へのトラックバック一覧です: 感想『銀河鉄道の夜』(さいたま市宇宙劇場):

« 新型MacBook発売 | トップページ | 感想『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』(演劇) »