目次

なにもない映画館(LaCoocan)



スクリーンマスクが稼働し、きちんとビスタサイズに調整されている映画館はほっとしますね。
シネコンでスクリーンサイズ調整をやめた事に対する反応まとめ(その6)

|

最後になるかもしれない貴重な日本の『IMAX 70mmフィルム』上映を見に行こう(12月版)

70mmフィルム撮影されたタランティーノ監督『ヘイトフル・エイト』の日本上映はデジタル上映のみでした。

日本で最後の70mm上映をしているのはIMAX70mmフィルムシアターとオムニマックス(IMAXドーム)シアターのみとなってしまいました。他にも博物館・科学館などで70mmフィルム上映をしている場所もあると思いますが情報がネット上で確認出来ないため省略しています。

IMAX70mmフィルム上映も映写機の老朽化とフィルム配給体制がいつまで確保出来るか分からない状態ですので、貴重なIMAX70mmフィルム上映を楽しむ最後のチャンスです。
ぜひIMAX70mmフィルム上映を観に行って下さい。

※2016年10月31日で『さいたま市宇宙劇場』のオムニマックス(IMAXドーム)上映が終了しました。休館しオムニマックス映写機は撤去され、五藤光学ケイロンⅢと8K解像度のデジタルプラネタリウムへ改修されます。

スペースワールド ギャラクシーシアター (現存する日本のIMAXシアターでは日本最大21.5×28.3mの超巨大スクリーン)

JR九州スペースワールド駅より徒歩5分

12月は『ボーン トゥ ビー ワイルド』(2D・日本語吹替)を上映。

12月の上映日・上映時間は公式サイトで確認を。大晦日は8回上映予定↓
http://www.spaceworld.co.jp/attraction/galaxy_theater/

私が書いた訪問記があります→日本最大・最後のIMAX70mmフィルムシアター スペースワールド ギャラクシーシアター

『ボーン トゥ ビー ワイルド』予告(英語)

中部電力 浜岡原子力館 オムニマックスシアター (18mドームスクリーン)

JR菊川駅から、しずてつジャストライン【御前崎線】で「浜岡営業所」下車、自主運行バス【相良浜岡線】または【御前崎市内線】に乗り換え「原子力発電所入口」バス停下車約50分、徒歩約10分

2016年12月1日~2017年1月31日
アメリカ・ワイルド』(2D)を上映。何と鑑賞料金は無料です。


鹿児島市立科学館 宇宙劇場(23mドームスクリーン)


鹿児島市電 郡元電停または鴨池電停から徒歩約500m

12月28日まで『ガラパゴス~地上で唯一の楽園~』(2D)を上映。
(予告は英語ですが本編は2D吹替上映です)

|

最後のフィルムフロンティア【秋田シネマパレ グランドフィナーレ】プログラム


|

『聖の青春』(森義隆)とUDCastによる副音声を試す

» 続きを読む

|

『この世界の片隅に』(片渕須直)

» 続きを読む

|

通常の映画館でスマートフォンを使用したバリアフリー上映(副音声)上映開始

» 続きを読む

|

«シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎II ワンピース』(市川猿之助)